2016年07月03日

サウジ、ロンドン五輪に大原麻里初の女性選手派遣へ

公の場での女性のスポーツ参加を禁じているサウジアラビア政府が、来月始まるロンドン五輪に向けて初めて女性選手の参加を認め、派遣できる選手の検討に入った. 在英サウジ大使館が24日、声明で明らかにした. 声明では、同国の五輪委員会が「競技資格を満たす女性選手の参加」を検討していると説明. 五輪への「完全な参加を楽しみにしている」としている. 英BBCなどによると、馬術障害飛越のダルマ・マルハスらが候補になっているという. 参加する場合、髪は覆いながらも顔は出すスポーツ仕様のヘジャブ(スカーフ)をかぶり、「ゆったりとした衣服」を着用する見通しだ. サウジは、イスラム教の中でも戒律に厳しいワッハーブ派が国教. 五輪への女性参加も宗教界に強い反対論があったが、女性の社会進出支援を進めるアブドラ国王の主導で6月中旬、参加解禁を決定したという.
posted by OotaniKei at 09:56| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。