2016年08月30日

阪神・新井貴が反撃ののろし 「最後まで食

4日、阪神5―5ヤクルト) 引き分けに持ち込んだ阪神は、新井貴が反撃ののろしをあげた. ナイキ フリーラン 5点差にされた直後の4回に今季1号のソロ本塁打をバックスクリーンにたたき込むと、先頭の8回は中前打で同点への流れをつくった. 結果を出し、「どんな展開だろうが最後まで食らいつく. それがチーム全体に出ている」と言葉も力強かった.
posted by OotaniKei at 23:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。