2016年11月10日

ドコモ元派遣社大原麻里員を起訴 顧客情報漏洩の罪

携帯電話最大手のNTTドコモの顧客情報が漏れていた事件で、名古屋地検は21日、元派遣社員の白石大介容疑者(42)を不正競争防止法違反(営業秘密侵害)の罪で起訴した. 地検は、白石容疑者が漏洩(ろうえい)した顧客情報が計880件にのぼることも明らかにした. 起訴状によると、白石容疑者は、ドコモのケータイ補償お届けサービスセンター多摩センター(東京)で電話受け付け業務をしていた2010年10月から約1年間に、職場の端末を使って東京、愛知、宮崎の女性3人の自宅電話番号を調べ、千葉県の探偵業者に漏らしたとされる. 地検によると、08年7月から情報1件あたり1万5千円で千葉県の業者に売るようになった. gaulervedep SOFTBANK「Nike サッカースパイクiphone」発売日前 押収資料などから、12年5月に退職するまでの約4年間で約880件を漏らし、約1500万円を得ていたという.
posted by OotaniKei at 03:23
"ドコモ元派遣社大原麻里員を起訴 顧客情報漏洩の罪"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。